単品購入はまとめ買いがお得!【5,000円以上で10%OFF】【10,000円以上で20%OFF】

  1. HOME
  2. ルパ アマタケについて

ルパ アマタケについて

店名、ルパ アマタケ。

ルパ アマタケは、アマタケの鶏と鴨の商品を販売するアマタケ公式のオンラインショップです。アマタケの商品はすべて自ら育てた鶏を100%使用しているので、おいしく安心して使っていただけます。そして、このアマタケの鶏がフランスから直輸入した親鳥から育てた「フランス赤鶏」であることから、美食の国フランスに感じとれる魅力的なイメージを取り入れながら、健康で豊かな食生活を彩る商品となるようひとつひとつ考えられています。

それなら、オンラインショップも同じ考え方で名前をつけよう!ということになったのです。「repas(ルパ)」はフランス語で「食事」という意味。「食」を楽しむすべての人に届けたい。アマタケのブランドメッセージ「Enjoy your meal !(どうぞ召し上がれ!)」を込めた商品を取り揃えています。ルパ アマタケでお買いものをお楽しみください。

岩手で育てたフランス赤鶏。

アマタケの鶏は、フランス赤鶏です。赤鶏の育種では世界的に最も優れた実績のあるフランスの育種会社Hubbard社から原種鶏を直輸入しています。2004年、このフランスの赤鶏と日本の白鶏が、岩手のすみっこにある小さな農場で出会ったのです。おいしい鶏が生まれる物語の始まりです。フランスの赤ラベル種特有の旨みとコクの豊かさはそのままに、日本人の口に合うやわらかな食感を持ち合わせた鶏が生まれました。

年2回、フランスからやってくる鶏たちの鶏舎には、限られた社員しか近づくことができません。空港から直接運んで来た雛の鶏たちを2週間隔離された環境で見守ります。種鶏を見守り続ける社員には、長い間に培ってきた豊富な知識と経験が必要です。一歩も外に出ず、ひたすら種鶏を見守り育てるのです。防疫の基本は隔離です。山の奥へと続く緑に囲まれた砂利道を上っていくと、その小さな鶏舎が見えてきます。

使わない、と決めた。

抗生物質オールフリー。安心・安全に絶対的にこだわるアマタケが実現したのは、抗生物質や合成抗菌剤を使わずに鶏を育てること。それは、1999年、鶏の無薬飼育という発想自体、誰も考える人がいなかった時代のこと。初めはノウハウも何もなく、病気に悩まされ、育成率が低下。とても厳しい状況でした。それでも決して諦めることなく試行錯誤して、薬を「使わない」環境を生み出しました。

当然「使う」ものを「使わない」。それを可能にした人たちがいる。アマタケの鶏は、今もずっと経験を重ねた目で見守られた貴重な環境で育てられています。良いことだったらどんなことでも、ひと手間かけて挑戦する。それが、人の健康な食生活を担う私たちにできることなのです。

料理を楽しむ人の
助けになる鶏。

例えば、アマタケの鶏はくさみが少ないので下処理は不要です。岩手の森がつくり出すきれいな水と自然由来の飼料。床暖房のあるウインドレス鶏舎での温度や湿度のコントロール。恵まれた土壌を最大限に活かした工夫の積み重ねの結果です。

鶏むね肉のやわらかな部分だけを薄くスライスしたものなど、専用の丸刃カッターで肉質を痛めずに美しくカットした商品は、料理好きな人にこそ使っていただきたい商品です。

おいしい料理には手間も時間もかかります。そこで、短時間で均一に焼けるように細かい無数の穴を開けた鶏もも肉のステーキカットや、鶏むね肉を均一な形と大きさにしたものや小間切りにしたものなど、生肉にひと手間加えてバラバラに凍結した商品を考えました。

私たちは、おいしい鶏を育てることに力を注いできました。これからは、おいしい鶏はもちろんのこと、「料理を楽しむ人の助けになる鶏」を育てたい。それが、アマタケの考え方です。

愛情を込めた料理が
おいしいように。

愛情を込めた料理がおいしいように、愛情をかけて育てた鶏はおいしい鶏に育ちます。生産者と料理をする人は、似たところがあるのかもしれません。

おいしさを追求して、失敗をしてはまた試みる。愛情をかけて目の前の仕事をコツコツとやり続ける。料理をする人の想いに寄り添い、日々、生産者としてできる改善を行い続ける。
愛情をかけて育てた鶏が、おいしい料理になるのだから。

Keep 0.7%

国内シェアわずか0.7%の鶏。正確に言えば、アマタケは、0.7%しかつくらない。0.7%だからできる良質な鶏を育てることにしたのです。

フランスから直輸入した種鶏から育て、鶏にとって最良の環境を整え続ける。機械に任せる仕事は、機械に任せる。しかし、人が安心できる食生活を支える仕事は、人の力が欠かせません。0.7%は、知恵や経験をしっかりと活かした生産と商品の提供を持続していくための数字です。

おいしいということほど、心を満たし力を与えることはありません。鶏肉は、そもそもヘルシーなお肉です。しかも、鶏肉ほどあれにもこれにもアレンジできるお肉はありません。使いやすく幅広い。だからこそ、選んでいただける商品をつくり続けます。

アマタケにとって良いことが、お客様にとっても良いことでありますように。

絶品に
絶品を。

残念なことに、日本の食文化にはあまり鴨が定着していません。お蕎麦屋さんでは日本の鴨の脂が合うとされジューシーな鴨を楽しめますが、それ以外ではフランス鴨が主流です。ワインがそうであるように、日本の鴨はおいしくないというイメージさえあります。

しかし、アマタケは鶏と同じように手間をかけて、岩手で育てている鴨を「絶品鴨」と呼ぶことにしました。なぜなら、絶品なのだから!!このアマタケの絶品鴨でつくった生ハムは、特に自信をもっておすすめできる商品の一つです。けれど、まだまだ、日本の鴨のおいしさを引き出せる料理があるはず。

絶品には絶品の仕立てを。そんな想いに応えてくれる人たちと出会い、ともに「食」を楽しんでいけたら“Enjoy your meal !!”となることでしょう!